双子の姉妹で世界一周!!私たち目線の旅物語。

バンクーバー留学を終えて世界一周中です*\(^o^)/*ワンワールド世界一周航空券を使って双子の姉妹でバックパッカー旅です。
期間:2015年10月30日〜2016年9月下旬帰国予定。ルート予定:カナダ→アメリカ→中米(1月頃)→南米(2〜4月頃)→ヨーロッパ(5〜6月頃)→アジア(7〜9月頃)

世界を広げたい。
これが私たちのやりたいこと。これが私たちのやり方。

「今」やりたいことがやるべきことで、行きたい場所が行くべき場所で、会いたい人が会うべき人だと思うのです。

幸せになるための準備の1年の始まりです。この1年が幸せなのではなく、この1年で私たちは幸せになるのです。

この旅の選択が正しいのかは私たちにも分からないけど、私たちにとって後々値札のつけられない財産になることは間違いがないのです。

自分がやりたいと思ったことをその時に自分でやろうとすることが大切で意味があるんだと思うのです。

だから旅立ちを決意し旅立ちました*

ブリュッセルの老舗ワッフル店

ベルギーの老舗『MAISON DANDOY (メゾンダンドワ)』に行きました〜!

MAISON DANDOY(メゾン・ダンドワ)は1829年にベルギーブリュッセルで創業して以来、185年以上6世代に渡って引き継がれてきた、技術と伝統を誇る焼き菓子のお店なんです( ´ ▽ ` )ノ

戦争などの数々の苦難を乗り越え、守り続けたレシピで作る味わいは、パティシエもその美味しさを絶賛し、ベルギーの王様もお忍びで買いに来るらしいです。


ベルギーの観光雑誌にも何度も取り上げられ、ベルギーに来たら誰もがこのMAISON DANDOYに訪れるってくらい有名で人気なお店です★


そしてそしてこのMAISON DANDOY(メゾン・ダンドワ)が日本にオープンしたのを知っていますか?

東京駅の大丸ビルにあるみたいです。


長い間ベルギーのみでの展開だったのですが、日本でも店舗をオープンし、ベルギーに行かなくてもMAISON DANDOY(メゾン・ダンドワ)の味を楽しめるんです(*^^*)


嬉しいことですね!私も帰国したら絶対また行きます!!




そして店内は1階がワッフルのテイクアウト専門で他には美味しそうなビスケットやクッキーが売っています。

2階はカフェとなっていて広々としています。

さてさて何を頼もう・・・・・。どれも美味しそうです。

ところでベルギーワッフルには2種類の種類があるってご存知ですか?


ブリュッセル式ワッフルとリエージュ式ワッフルという2種類に分かれているんです。



ブリュッセル式は大きめの長方形でサクサクっと軽い生地でできています。

生地の甘さも控えめなものが多くて生クリームやアイスクリームなどのトッピングを加えて食べることが多いらしく朝食によくでるみたいです。


そしてもうひとつはリエージュ式ワッフル。

こちらは日本でもよく見かける丸くてずっしりとした食べ応えのある生地です。

パールシュガーという粒の大きな砂糖が入っているので、なにもトッピングしなくても甘くて充分美味しいワッフルです。

上の長方形のワッフルがブリュッセル式。

下の大きな丸型がリエージュ式。






コーヒーと一緒に頂き、もう至福の瞬間です(T ^ T)★


ぜひベルギーに訪れた際は行ってみてください( ´ ▽ ` )ノ



そしてもうひとつ。

個人的に気になり入ってみたお店『WAFFLE Factory(ワッフルファクトリー)』

甘いのはもういいや・・・。となり、チーズとベーコンとトマトソースのやつを注文!

サクッカリッとした生地で中にはとろぉ〜りとしたチーズにトマトソースがマッチしていて美味しい!の一言です。

もっと違う味も食べたかったなぁ〜。


この2つのお店は近くにあるので食べ比べをするのもいいと思います( ´ ▽ ` )ノ




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。