双子の姉妹で世界一周!!私たち目線の旅物語。

バンクーバー留学を終えて世界一周中です*\(^o^)/*ワンワールド世界一周航空券を使って双子の姉妹でバックパッカー旅です。
期間:2015年10月30日〜2016年9月下旬帰国予定。ルート予定:カナダ→アメリカ→中米(1月頃)→南米(2〜4月頃)→ヨーロッパ(5〜6月頃)→アジア(7〜9月頃)

世界を広げたい。
これが私たちのやりたいこと。これが私たちのやり方。

「今」やりたいことがやるべきことで、行きたい場所が行くべき場所で、会いたい人が会うべき人だと思うのです。

幸せになるための準備の1年の始まりです。この1年が幸せなのではなく、この1年で私たちは幸せになるのです。

この旅の選択が正しいのかは私たちにも分からないけど、私たちにとって後々値札のつけられない財産になることは間違いがないのです。

自分がやりたいと思ったことをその時に自分でやろうとすることが大切で意味があるんだと思うのです。

だから旅立ちを決意し旅立ちました*

フェリーでピレウス港からサントリーニ島へ

Blue Star Ferries(ブルースターフェリー)

さあ、出発時間 am7:25

いよいよフェリーに乗り込みます。

フェリーには1時間前から乗れそうです。私たちは40分前に乗りました。



そしてエスカレーターを上る前に車が駐車してるところにスーツケース置きがあったので、大きい荷物を持つのが大変な方はここに置いとくといいと思います(*^^*)




エスカレーターを上り、フェリー内へ。


フェリー内はとっても綺麗で広く席もたくさんありました。

外も座れます


40分前に乗り込んだのにもう中は人でいっぱいでした。

空いてるのは布生地じゃない椅子ばっかりでした(笑)


もしフェリーの中で仮眠を取りたいなら早めにフェリーに行くことをおすすめします。


そしてこちらの席は指定席

通常料金にプラスでかかります。



それからWi-Fiは有料でした。

受付でお金を払ってWi-Fiのパスワードをもらう感じでした。


そしてカフェやファーストフード店も入っていてお腹が空いたらここで食事をするといいと思います(人●´ω`●)



節約したい方はフェリーに乗る前に購入しといた方がいいですね(*・∀・*)


フェリーは特に揺れることもなく船酔いも問題ないと思います。



フェリー内には充電コンセントや

ATM

公衆電話

コインロッカー

お土産屋さん(でもたいしてもの売ってない)


フェリーの中にもあるんだ!と驚くものがきちんとありました。笑



そしてトイレもこの通り広くて綺麗



そしてサントリーニ島までは約7時間半の船の旅だったのですが、途中にいくつかの島を経由してサントリーニ島へ向かうみたいなんです。


このフェリーにいる人たちはみんなサントリーニ島へ行く人達ではなくサントリーニ島までの間の島に行く人達も乗っているんです!

最初、周りの人が荷物をまとめて出口に行ったので『え?まだ3時間しかたってないよ?もう着いたの?』と不思議に思ったんです。笑


ピレウス港から出発して最初に到着する島はここ。

パロス島。ここも観光で人気みたいです。

港からなのでよく街並みはわからないですが、白い建物がギリシャの島らしいですね〜。時間があったらエーゲ海クルーズツアーとかに参加したかったなぁ。



そして次に到着した島はこちら。

ナクソス島というところ。

青い海が綺麗ですね〜。



そしてpm15:00

とうとうサントリーニ島に到着。



みんな早く出たくて扉の前で待っています。


すっからかんだった港が一気にこの様



そしてフェリーを降りると宿の人が看板を持ってお迎えにきてくれてました(*・∀・*)

ほんとこの写真テレビとかでよく見る感じですね〜(笑)

ウェルカーム!!と陽気に歓迎してくれました(人●´ω`●)


それにしても海が綺麗〜!

近くで見ると透明です。やばいです。


フェリーさんこんな素敵なところまでありがとう!!



それでは宿のバスに乗り込みますっ!

フェリー乗り場からフィラの中心街へは10分くらいの距離なのですがフェリーの到着に合わせて各旅行会社や宿の人、タクシーが集中して動くのですごく渋滞してました。


宿までは30分くらいかかりました。


もし宿を予約してなかったら別のお客さんを迎えに来た人に泊まりたいと言うときっとバスに乗せてくれると思います(人●´ω`●)

もしタクシーで移動するとしたら@20〜30ユーロで行けると思います。



ピレウス港からサントリーニ島

フェリー会社:Blue Star Ferries(ブルースターフェリー)

出発時間:am 7:25

所要時間:7時間半

料 金:@40ユーロ(約4600円)

※カードで支払いできました。

Wi-Fiは有料でした。フェリー内にはトイレ、ATM、ロッカー、充電コンセント、テレビ、公衆電話、カフェ、ハンバーガーショップがありました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。